医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学進学社トップページ   >>  私立大学の学費調達

私立大学農学部の二年です。震災の際に、何も出来ない自分自身がいました。
だからこそ、これからの人生少しでも人の役に立っている事を実感出来る医者になりたいと考える様になりました。
そこで悩みが1つあります。医学部は、今の大学を卒業してから入学したいと考えています。
しかし働いてないので学費を払うお金がありません。親には今までのいろいろ金銭面で迷惑をかけてきたので学費を払わせたくないですし、あと数年で定年です。
このような状況で、医学部の学費はどうしたら良いでしょうか?

私立大学医学部の学費は近年値下げ傾向にありますが、それでも国公立大医学部と比べるとまだまだ一般家庭の家計から支出するには大きな負担となります。
しかしながら、昨今では、各医学部ごとの奨学金や提携教育ローンが充実してきていますし、自治体が実施している医学部学費貸与制度の中には私立大学医学部の学費全額を貸してくれるものも登場しています。弊社はそうした制度利用に独自のノウハウを持っていますので、一度面談にお越しください。また、最近増えてきている地域枠制度には医師になった時の制約が想像以上に大きなものもありますので、学費調達だけを目的にするのであれば慎重な選択をするべきです。

よくあるご質問

  • 家系が一般サラリーマン家系なため、学費の問題があり医師になりたい気持ちはおさえた方がいいのかな?
    とも思っています。入学してからも大分費用がかかりますし。
  • 医学部の学費についてです、私立では安いところでも6年間で約2000万円程度と聞きました。
    奨学金の制度で学費はカバー出来るのでしょうか?。質問がはいります。質問がはいります。質問がはいります。質問がはいります。
  • 医学部の学費の事で教えて下さい。 私立で5000万円はかかると言われたのですが...

学費調達のポイント

学費調達の知識やノウハウを正しく持っている方は皆無に等しいです。私達は数多くのノウハウと実績があります。
しつこい勧誘などは一切ありませんので、お気軽にご相談ください。