医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学進学社トップページ   >>  医学部合格をサポート

医学部合格の可能性について今年もやはり思わしい結果ではなく、何浪してでも医学部へ行くといって譲りません。
・3浪目の1年間は日本有数の名門予備校(食・住付き)に通わせた
・実際の試験では4割程度しかできなかった
現時点では医学部どころか、一般私立大学も?な状況です。
それでも本人が言うように多浪すれば医学部に入れるのでしょうか?
諦めさせた方がいいのでしょうか?
家庭が経済的に豊なため、3浪しても本人に何も危機感がない現状です。
どうしたらいいでしょうか?

よくあるケースです。危機感がないことは、厳しい医学部受験の競争に勝つために必死になれないので、通常は何年続けても合格ラインに届かないと思います。こうした受験生に対応するメニューを用意できる予備校もありますが、取り敢えず医学部合格することを優先するなら、大学を選ばず、無駄なく最小限で合格できる方法を指導しますので一度面談にてご相談ください。同じような状況の受験生を過去に何人も医学部に合格させていますが、医学部生になったことで入試のためだけの受験勉強から解放され、案外勉強の習慣が芽生え医学部を無事卒業して医師になっている場合も少なくありません。何事も方法は一つではなく、先入観にとらわれずに対策を考えることが大事です。

よくあるご質問

  • 医学部受験に3浪しています。諦めるべきなのか、どうしようか悩んでいます。
  • 家系が医者一家のため、医学部に合格するのは当たり前と両親がとらえています。 既に合格が怪しくなってきていまして、どうしたらいいでしょうか?
  • 親として息子のサポートが出来ずに2浪させてしまっています。 本人もラストチャンスだと思っていまして、どこかの私大医学部でもひっかかればと思っています。
  • 本人が努力するのは当たり前ですが、どこの予備校が現役の医学部合格に対しておすすめですか?

医学部合格のポイント

過去1000人近くを医学部に合格させてきたコンサルタント自らが、医学部に確実に合格するための勉強法・学習プラン等もご相談いただけます。
しつこい勧誘などは一切ありませんので、お気軽にご相談ください。